急に音が聞こえなくなる病|突発性難聴の恐怖

ドクター

専門医に診てもらえます

ドクター

ファイバースコープを使って新宿の耳鼻科では直接観察をしています。副鼻腔の診断には画像検査も行われているので、精密です。全ての治療に対して全力で取り組んでいるので、治りにくい症状でもきっと役に立ちます。

安易に考えないこと

相談

補聴器の選び方は、非常に難しい点が多いです。補聴器の選び方は、本であらかじめ知識を知っておく必要があります。医療器具ですし、メーカーによって、聞こえ方も随分と違いがあります。補聴器の選び方は、専門店で購入するのが安心です。まずは、お店選びが重要です。

突然に発症する病気

レディー

原因がわからない

明らかな原因がわからないで、ある日、突然に耳が聞こえづらくなる病気を突発性難聴と言います。突発性難聴は内耳と外耳は正常ですが、内耳にある有毛細胞が何らかの原因で障害を起こす、感音性難聴です。原因と考えられる事として、ウィルス感染、ストレス、血流障害などが考えられています。風邪などにかかった後に発症したり、ストレスを感じている時に発症したりするケースがあり関係があると思われています。症状として耳が詰まった感じがする人や全く聞こえない場合もあり様々です。突発性難聴が発症する前兆として、めまいや吐き気、耳鳴りなどがあります。発症の多くは40代から50代が最も多く、まれに子供でも症状が現れる事もあります。

発症後はすぐに診断と治療

突発性難聴を診断する場合、耳のレントゲンや聴力検査、平衡感覚検査などを行います。治療は主に、飲み薬が中心でステロイド薬、ビタミン薬、血流改善薬などが使われます。突発性難聴の治療では、発症したらすぐに治療を始める事が大事になり、早ければ聴力の改善が期待できます。適切に治療をした場合では、難聴が完治する確率は30%ほどと思われ、耳鳴りなどが残ってしまう場合もあります。また、突発性難聴は循環障害になるので外科的な治療では改善が難しい病気です。突発性難聴では原因が分かっていないので確実に完治する治療方法もわかっていません。治療の中心は薬の組み合わせによる薬物治療になります。自覚症状が現れたら、早期の診断と治療を開始することが改善の近道になります。

聴こえやすい生活のために

メンズ

補聴器の販売店にもそれぞれ違いがあります。信頼できる販売店を見つけられれば、この先ずっと安心して相談やサポートを受けていくことができます。選ぶ作業は簡単ではありませんが、それだけの価値があります。是非妥協せずに販売店選びに取り組みましょう。